都市型建築と不動産 - ネクストステージ <東京都杉並区>
トップ  >  コーチパネル工法
コーチパネル工法

大切な家族を守る高耐震パネル工法

コーチパネル工法

繰り返し来る余震にも耐える、圧倒的な強さ!~壁倍率4.8相当

ネクストステージの建築 コーチパネルの魅力はなんと言ってもその強さ。 建築基準法で定められた耐力壁の強さを表した数値・壁倍率は、4.8相当。 従来の工法に比べて、約2倍の耐力と、約1.6倍もの粘り強さを発揮します。
これが実際どれくらいの揺れに耐えられる強さかというと、 震度7強を超える巨大地震や、繰り返し来る余震にも耐えられる程の強さです。
実際、近年日本で頻発している地震で倒壊してしまった家は、 本震には耐えられたけれど、何度も起こる余震でダメージを受け倒壊してしまった、という例も多数あります。
巨大地震には、繰り返し来る余震が付きもの。 そんな余震にも耐えうる力を持ったのが、このコーチパネルなのです。

ネクストステージの建築

工場機械生産による精密な加工により、隙間のない施工が可能!

ネクストステージの建築 家の断熱材として、もっとも一般的なグラスウール。数年前までのほとんどの新築一戸建ての断熱材といえばグラスウールでした。
しかし、このグラスウール、一見ふわふわしてて、断熱にはぴったりの商品に思えますが、実は場所によっては施工できなかったり、施工しても配線・配管の関係で隙間ができてしまったり、また、見えない壁の中に設置するので、適当に施工されてしまったりと、本来の機能が発揮できないことが多いといわれています。本来の機能が発揮できない隙間のある施工だと、家の中の温かい空気と、外の冷たい空気がしっかり遮断されず交わってしまい、結露してしまいます。
結露は、家を腐らせ、カビを発生させる原因の1つ。家を綺麗に長持ちさせるためには、断熱材も慎重に選ぶことが重要です。
コーチパネルは、断熱材があらかじめ枠材の中に組み込まれた状態で現場にお届けするので、現場の大工さんの施工技術に左右されること無く、隙間の無い断熱施工が可能です。
また、工場でのコンピュータ制御で複雑なパネルも製造可能なので、施工場所も選びません。また、シンプルでスマートな構造なので電気配線(スイッチボックスの設置など)も楽々行うことができます。
更には、完成してしばらく経ってから発生するクロス(壁紙)割れも、今までの工法と比較すると激減することが、実績としてわかっており、このことからもコーチパネル工法の施工性の高さが伺えます。
施主様はもとより、大工さん、電気工事屋さん、更にはクロス屋さんに至るまで、みんなにうれしいコーチパネル工法なのです。

雨仕舞いが早く行えるので、大切な家を濡らさない!

ネクストステージの建築 念願のマイホームが、建築中に雨に降られて濡れてしまったら… 基本的には乾けば大きな問題はありませんが、完全に乾くまでにはかなりの時間を要しますし、工期の関係で完全に乾く前に、塞いでしまわざるを得なくなるのも現実で、やはり良い気分はしません。
コーチパネルは、現場に届き次第すぐに取り付けが始められるので、上棟した大切な家をずぶ濡れにすることはまずありません。
また、現場で出るゴミも少ないので、比較的に綺麗な環境での家づくりが可能です。
コーチパネルは、お施主さんにとっても、地球環境にとっても気持ちの良い家づくりをサポートします。

ネクストステージの建築

仕様は同等品に変更される場合がございます。

上記基本仕様は、時期により同等品または同グレード仕様に変更される場合があります。
詳細は契約の際の仕様書にをご確認ください。

 NEXT STAGE 2016