都市型建築と不動産 - ネクストステージ <東京都杉並区>
トップ  >  ZEHへの取り組み
ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)
ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)
ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)とは、「自分の使うエネルギー消費分を、自分でまかなうことができる省エネ住宅」のことです。 このZEHは、①消費エネルギーを少なくすることと、②消費エネルギーを製造することの2つのアプローチで実現され、①は主に断熱性能を上げること、②は現時点では太陽光発電で賄うことで実現させるのが基本となっています。
当社においても、ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)の住宅に対応し、順次、その棟数を増やしてゆく計画です。
ZEH普及目標
ネクストステージは、住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業)において創設された「ZEHビルダー公募」の登録事業者(申請中)です。ZEHビルダーは、自社のZEH(Nearly ZEHを含む)普及目標の公表が義務付けられており、それに基づき下記の通り2020年度までのZEH普及目標を公表します。
普及目標 平成29年度 平成30年度 平成31年度 平成32年度
ZEH率 5% 20% 40% 60%

※NearlyZEH含む ※ネクストステージではB登録(北海道を除く都府県)での普及目標を設定しています。また当面は注文住宅事業においての目標とさせていただきます。

※2016 年度(平成 28 年度)建築実績10 戸(総建築数) うちZEH住宅は0



ネクストステージ株式会社では ZEH 復旧計画を以下のように定め
2020 年度(平成 32 年)までに ZEH 復旧率を 60%とします。

1 ZEH の周知・普及に向けた具体策
完成現場内覧会でのチラシ・HP で ZEH 住宅を PR し性能や効果等について積極的に周知活動を行いまた新築注文住宅を検討しているお客様に対しては ZEH 住宅についてのメリットを説明してプラン提案を致します。
2 ZEH のコストダウンに向けた具体策
ZEH 住宅を標準仕様とする為に断熱材・サッシ等、随時建築部材を選定してコストダウンに努めます。
3 その他の取組み等
設計部・営業部共に ZEH セミナーや講習会等参加して知識習得しお客様に最新の情報提供
補助金額
①補助対象住宅
・交付要件を満たす住宅 一戸あたり定額125万円(地域区分・建物規模によらず全国一律)
②蓄電システム
補助対象として採択されるZEHに蓄電システムを導入する場合には、補助金額を以下のとおり加算します。
蓄電システムの補助額: 蓄電容量 1kWh当たり5万円
蓄電システムの補助額上限: 補助対象経費の1/3または50万円のいずれか低い金額
補助対象となる事業者と住宅
①申請者が常時居住する住宅。
②専用住宅であること。
③既築住宅の場合は、申請時に申請者自身が所有していること。
④新築建売住宅の場合は、申請者は建売住宅の購入予定者であること。
⑤賃貸住宅・集合住宅は対象外。
但し、申請者が所有する賃貸住宅・集合住宅の一部に、申請者が居住する場合は、その自宅部分については申請することができます。
ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)
交付要件
以下の要件を全て満たす住宅であること。
①ZEHロードマップにおける「ZEHの定義」を満たしていること。
1)住宅の外皮性能は地域区分ごとに定められた強化外皮基準(UA値0.6)以上であること。
2)設計一次エネルギー消費量は再生可能エネルギーを除き、基準一次エネルギー消費量から20%以上の削減。
3)太陽光発電システム等の再生可能エネルギー・システムを導入すること。
売電を行う場合は余剰買取方式に限る。<全量買取方式は認めません>
4)設計一次エネルギー消費量は、再生可能エネルギーを加えて、基準一次エネルギー消費量から100%以上の削減。
②申請する住宅はSIIに登録されたZEHビルダーが設計、建築または販売を行う住宅であること。
③導入する設備は本事業の要件を満たすものであること。
④要件を満たすエネルギー計測装置を導入すること。
⑤既築住宅は、住宅全体の断熱改修を含み、導入する設備は原則として全て新たに導入すること。

ネクストステージはネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)普及に努めます。

NEXTSTAGE2017
前
高効率TES熱源機 エコジョーズ
カテゴリートップ
TOP