今、マイホームを探すなら、マンションと一戸建てどちらが正解?

今、マイホームを探しているあなた。マンションを購入しようと思っていませんか。
有り余るお金と収入があって、セキュリティとステータスを重視する一部の富裕層の方であればマンションもいいのかと思いますが、愛する家族の為に20年・30年の住宅ローンを組んで、手に入れる大切なマイホームに『マンション』を選ぶのは本当に正しい選択なのでしょうか? 実は、マンションよりも一戸建の方がお得なこともたくさんあったりするんですよ。
これからマイホームを検討する方は、以下を是非一読してみてください。『マンションよりも一戸建て』という考え方も十分検討してから決めても決して遅くはありません。



修繕積立金は値上げ前提なんです。

マンションのポイントは管理。特に修繕計画は重要だとされてきました。ここでひとつ覚えておきたいことは修繕積立金は数年後に値上げすることがほとんどで、販売から数年間だけ安くなっていいて数年後には倍になることがほとんどです。 そしてこの修繕積立金額は年数が経てば経つほど増えてくるのが一般的です。これも借入金額(1万円増えた場合 35年返済 金利1%)換算で考えると、数年ごとに3~400万円のローンが自動的に増えてゆくみたいなもので、マンション所有の大きな負担になりかねません。新築マンション購入時にはゴージャスな仕様や設備に舞い上がってしまっていることが多く、当初の毎月経費だけを見て勢いで購入する人が多いんですね。

どうなる?修繕に追いつかない積立金


海外投資家の増加でマンション管理が危うい

近年、特に都心の高層マンションで問題視されているのが、海外(特にアジア大国系)の資産家が投資用にマンションを購入するケース。一見、誰が買っても問題ないようにも思われますが、外国人、特に投資目的の購入者にとって管理費や修繕積立金は、きちんと払わなければいけないという意識が低いそうで、これを平気で滞納するケースが増大しているそうです。もちろん滞納した分はきちんと払わなければ、転売はできませんし、最終的には回収できるはずですが、回収するためには法的措置をとる経費や手間が果てしなく負担としてのしかかってくるのは容易に想像できます。もちろんこの経費等を負担するのは管路組合=まともな居住者たちです。また、この海外投資家問題、都心のタワーマンション以外は関係ないかと思いきや、ブームはすでに収束していて、これからは海外投資家の投げ売りが始まるのではないかと予測されています。都心のタワーマンションの価格が安くなれば、その周辺部の築浅マンションの価格も暴落すること必至です。

マンションでは音の問題は避けられない

鉄筋コンクリートマンションはその構造上、どうしても上階の音は下階に響いてしまいます。TV音声や会話などはさほどでもないのですが、子供が駆け回ったりするとその振動音が下階に響きわたります。もちろん騒音問題は上下階のみならず、左右両隣はもちろん、場合によっては1つ飛ばして隣の隣の部屋という不思議な現象を起こす場合もあるようです。マンションの壁や床はすべて一体となって繋がっているので、振動の波が予想外の伝わり方をしているのでしょう。 そして、この騒音のために日々どれだけの近隣トラブルが発生しているか計り知れません。トラブルにならないまでも、近隣の音に悩まされている、あるいは我慢している人も多数いることが想像に難くありません。これに比べ、一戸建てであれば各戸が独立しているので、窓をしっかり締め切りさえすれば、マンションに比べて遥かに高い対応力があるのは間違いありません。

一戸建てならシアタールームや楽器演奏も楽しめる


首都圏の平均成約価格で、マンションが一戸建てを追い抜いた?

「マンションより土地付き一戸建てのほうが高い」というイメージはもはや過去のものです。実際、1990年代は首都圏の平均成約価格の統計において、一戸建てのほうがマンションより1,000万円以上も高かったのは事実ですが、現在はマンションの施工費の高騰を背景に、一戸建てのほうが手頃に買える地域も多くなってきました。特に都心部の新築マンションよりも新築戸建ての方が安い事例も多々見受けられるようになってきました。また、主に中古住宅の情報インフラとして活用されている東日本不動産流通機構(REINS)の取引統計データもマンションと戸建ての価格はほぼ同じになってきています。 2018年を迎えようとしている今現在、マイホームを購入しようとしている方は、ゴージャスな設備・仕様に舞い上がってマンションに申し込みする前に今一度近隣の一戸建て住宅を探して検討してみるのもいいのではないでしょうか?

首都圏の中古マンションと中古戸建の成約価格推移


方南1丁目 物件概要

お気軽にお問い合わせください。03-5347-2838受付時間 10:00-18:00 [ 火・水定休 ]

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。